市民の活動を制限しかねない 「迷惑防止条例」改正には断固反対!

2018年4月2日 16時42分 | カテゴリー: トピックス

東京都「迷惑防止条例」改正案が第1回都議会定例会に上程されました。今回の改正で問題なのは、「つきまとい行為等」に、「みだりにうろつくこと」「監視していると告げること」などを追加することにあります。

また、2016年に改正されたストーカー規制法に合わせるためとしています。ところが、ストーカー規制法は「恋愛感情」が出発点にあるのに対して、迷惑防止条例の場合は、元から「悪意の感情」を目的としており、社会的な抗議行動についてもうろつく行為や監視行為として規制対象とされるのではないかとの、市民の懸念の声は当然です。
警視庁は、「濫用防止規定があり、政治や組合活動、報道などは対象にならない」としていますが、運用者の裁量によって拡大解釈され、警察の介入を容易にすることへの危惧は払拭できません。

そもそも、つきまといや乱暴な言動などの行為は、現在ある条例で規制できるにもかかわらず、なぜいま規制行為を追加する必要があるのか、おおいに疑問です。生活者ネットワークは、市民の自由な活動を制限 しかねない条例改正には反対です。