古池はつみの一般質問を傍聴しました

2013年3月12日 14時14分 | カテゴリー: トピックス

3月8日に古池はつみが一般質問を行いました。

1.「子どものアレルギー事故を防ぐ対策を!」

昨年12月に調布市で起こった、学校給食によるお子さんのアレルギー死亡事故を受け、日野市の対策を質問しました。

日野市では学校、保育園、学童とそれぞれマニュアルに基づいて対応しているようですが、この事故を受け、アレルギー対応の給食が一目でわかるように、色の違う食器を検討していることがわかりました。

子どもの命を預かる学校として、万全の対応と職員の心構えをお願いします。

 

2.「地域防災計画の見直しは生活者の視点で進めよう」

東日本大震災から2年がたちました。改めてお亡くなりになった方々と、今なお避難生活を余儀なくされている方々に、心よりお見舞いを申し上げます。

現在市区町村では、地域防災計画の見直しが進められています。

見直しにあたって女性、子ども、障がい者、生活者の視点が取り入れられるよう質問しました。

日野市では見直しに女性担当者を配置し、避難所での一人暮らしの女性への配慮や、備蓄品にも気を配っているそうです。

また放射能廃棄物の輸送中の事故などを想定したマニュアルを新たに追加することもわかりました。

災害は防ぐことができませんが、できるだけの備えと被害が広がらないように対策を講じておくことは可能です。

行政に任せるだけでなく、市民一人ひとりが日頃から防災に対する心構えを持ちたいものです。

ところで、今議会が馬場市長最後の議会となりました。長いあいだお疲れ様でした。